貢献利益から損益分岐点個数を求める

ITパスポート 平成25年度 春期 ストラテジ系問9、貢献利益から損益分岐点個数を求めるを求める問題です

ITキャパチャージ(IT関連の練習問題)
ITパスポート合格に役立つサイトです。リクルートが運営するキーマンズネットは無料会員登録が必要ですが、IT関連の解説がとても分かりやすいです。練習問題も豊富です。IT単語帳は、IT用語を簡単に調べらます。

貢献利益から損益分岐点個数を求める

製品Aの生産及び販売に必要な固定費は年間3,000万円である。製品Aの単価が2万円,生産及び販売に掛かる1個当たりの変動費が5,000円であるとき,製品Aの損益分岐点における販売個数は何個か。

ITパスポート平成25年度 春期 問9

1,500
2,000
4,000
6,000

関連サイト

ITパスポート出題テーマ別過去問題

ITパスポート試験情報